代謝を上げて痩せやすい身体をつくる方法

こんにちは!!永遠のダイエット女子こと、このサイトの管理人【もこ】です♪♪
私は20代半ばから同じ食生活、同じ運動量を続けていたのにどんどんブクブク太っていき、このままじゃだめだと思って色々ダイエットを試してきました。
30歳を超えた今では肥満治療薬のゼニカルを飲んだり、それ以外の時は食事を気にしたりなどやはり若いときと同じではダメだということを痛感しています。

皆さんも私と同じように、若いときは食事とか気にしなくても大丈夫だったのに、年を取るにつれそうはいかなくなっていませんか?

運動も前よりも体重が落ちにくくなってしまったり…などなど
これはすべて代謝が昔に比べて落ちてきてしまっているからなんですね、
逆に言うと、代謝を上げることで依然と同じ痩せやすい体になることもできるのです。

ここでは代謝を上げて痩せやすい身体を作る方法などをご紹介しちゃいますね。

そもそも代謝ってなに?

そもそもなんですが、代謝って何かまず知る必要があると思うんですよ。よくわからないまま代謝を上げるって言われてもピンとこないと思いますし。

実は代謝には3つの種類があるんですよ。

  • 基礎代謝
  • 食事誘発性熱産生
  • 活動代謝

この3種類なのですが、「基礎代謝」はみなさん耳にしたことがあると思います。
基礎代謝は生きているだけで、必要とするエネルギーのことを指すんですね。例えば心臓が動いたり、息をしたり、血液が流れたり。体内の動きに必要とするエネルギーなのでボーっとしてても使われるエネルギーなのです。

そして「活動代謝」は身体を自分で動かすことによって使われるエネルギーです。
歩いたり、家事をしたり、運動したり、自分が動くことによって使われるのです。
「食事誘発性熱生産」は食事をしたものが体内で消化されるときにつかわれるエネルギーです。

この上記3種類のうち、もっとも使われるエネルギーが「基礎代謝」なのです。
基礎代謝は寝ていても必要とするので、横になっているだけでも使われるので、痩せたいならまず基礎代謝を上げなければいけないのです。

代謝は上げられる?

基礎代謝は年々落ちていきますが、ピークは実は10代の後半だと言われています。
ちょっと早くない??と思いますが、確かに中学生や高校生の時はどれだけ食べても太らなかった気がします。
私が高校生の頃、夕飯を食べた後にお腹すいてカップラーメン食べても、おにぎり食べても、アイス食べても、お菓子食べても全然太りませんでした。

30代である、今私が同じ事をしたらかなり恐ろしいことになりますよね。

しかし人によっては昔と変わらずどれだけ食べても太らないという人もいますよね。それは昔と変わらず基礎代謝が高いからのです。

基礎代謝は年をとっても、日々の生活習慣や運動などによって上げることができるのです。

基礎代謝を上げる方法

基礎代謝は年齢を増しても日々の生活習慣や、運動などによってあげることができると説明しましたが、実際にどのようなことをすればいいのか、詳しく説明していいますね。

朝起きたらストレッチ

まず、朝起きた時に一番にストレッチをしましょう。
朝起きた時になんだからスッキリしないなと思っている場合は、自律神経の機能が低い場合があります。
代謝を上げるためにも、自律神経の機能を上げバランスを整えることはが代謝を上げるためにも重要となってくるのです。

朝起きて、起き上がる前にまず、体全体を伸ばすイメージで伸びをしましょう。手だけでなく、足も背中も手ものばします。
そして部屋のカーテンを開け、太陽を思う存分浴びてください。ストレッチするときにたくさん息を吸い、そして思いっきり吐きましょう。交感神経が優位になることで、身体が活動モードになり動きやすくなります。

身体を起こしてからは、手を交差するような感じで手の付け根部分を思いっきり伸ばしましょう。
そして、足を肩幅に開き、両方の手を上にして、片手でもう片方の手首を持ちうえにひっぱりあげましょう。
もちろん体を痛めてしまっては意味がないので、痛くて気持ち良いくらいのとこでストップしてください。

毎日続けられるものでいいので是非試してみましょう♪♪

朝起きたら水か白湯を飲む

私が日々必ず行っているのが、朝起きたら白湯を飲むことです。
水でもいいのですが、冷たい水だと胃がびっくりしてしまいますし、身体を冷やすことにもなるので、常温のお水か温かい白湯が好ましいです。

寝ている間にも約500mlの汗をかいていると言われています。
温かい白湯を寝起きに飲むことで、胃や腸が温まり、内臓の動きが元気になって代謝も上がりやすくなります。
特に冷え性の人などには朝起きて白湯を飲む方法かなりオススメです。

バランスのいい食事とよく噛む

ダイエットをしていても食事をきちんととることは重要です。
最近朝ご飯を食べないという人が多いですが、朝ご飯を食べることで、食べ物の消化のためエネルギーが使われることで、副交感神経が活性化され、エネルギー代謝が活発になると言われています。

私自身朝起きるのが本当に苦手でぎりぎりまでゆっくりと寝ていたい派ですが、朝しっかりと目覚め食事をとることで逆に1日のやる気が出てきます。
やる気がない人ほど、朝ご飯をしっかり食べて、代謝を上げていきましょう!!

からだが温まる食べ物を食べる

冷たい水などは先ほど体を冷やすことにもなるのであまりよくないと説明しましたが、食べ物などでも同じです。
冷たい水なら白湯、冷たい食べ物よりも温かい食べ物です。
冷たいものは胃や腸の働きを鈍くしてしまい、基礎代謝が低くなってしまいます。
暑い時期でも、クーラーの下で冷たいものばかり摂取せず、なるべく身体を温めてくれるものを摂取しましょう。

  • 身体を温めてくれる食べ物を一部ご紹介します。

ビタミンE(さつまいも、かぼちゃ、うなぎ、アーモンド)、しょうが、トウガラシやチリペッパー、ネギ、ニンニク、ニラ、らっきょう

  • 代謝を上げやすくしてくれるアミノ酸が多く含まれている食材を一部ご紹介します。

アルギニン(カツオ、大豆、ゼラチン、豚肉、鶏肉)、リジン(大豆、チーズ、牛乳、魚介類、肉類、レバー)、アラニン(鶏肉、しじみ、ホタテ、アジ)

上記の食材を積極的にとるようにしましょう。特に大豆食品は脂質の代謝をサポートしてくれるビタミンB群も多く含んでいるため代謝を上げるためには重要な食材です。

軽い運動をする

筋肉は代謝を上げるために重要なものです。筋肉量が落ちることで基礎代謝も下がってきてしまうのです。普段から運動していない限り、20代前半くらいから筋肉量が落ちていき、そしてその代わりに脂肪が増えてしまうのです。

脂肪を減らし、筋肉を増やすことで基礎代謝を上げることができます。もちろんアスリート並みの運動は難しいですが、軽い運動から始めることで習慣づけることができます。
少しでも運動量を増やし、筋肉をつけることが重要なのです。家で軽いストレッチを毎日するだけでもだいぶ違いますので、心がけてみましょう。
その他にも、いつもエスカレータのところ階段を使ったり、最寄の駅より一駅前で降りたりなどできることから始めてみてくださいね。

お風呂につかる

昔ダイエットのために半身浴が流行りましたよね!!某女優が半身浴を毎日しているとメディアで言ったところ、多くの女性がこぞって半身浴をやるようになりました。
もちろん私もそのうちの一人で、ゲーム機や本などをお風呂に持ち込んで1時間くらいお風呂にいたのを覚えています。

もちろんそこまでしなくても、毎日なるべくお風呂につかるのが基礎代謝を上げるためにも好ましいです。
熱いお湯よりも40度くらいのぬるま湯が好ましいと言われていて、副交感神経を高めてくれ、心身ともにリラックスさせることができます。熱すぎる場合、心臓に負担がかかってしまい、血圧を上げやすくなってしまうので気を付けてください。

お風呂で汗をかいたらたっぷりの水分をとりましょう。ここでも冷たい水分などはとらず常温か、白湯などにしておきましょう。

水分をとる

モデルさんとかが良く健康のために水を1日2ℓ以上飲んでいるという話を聞いたことありませんか?
人の体はほぼ水でできていると言っても過言ではないほど、水分は健康的に生きていくうえでかなり重要なのです。

綺麗な水分を適切な量とることで、血液の流れもよくなり水分が体全体にいきわたることで、代謝も上がります。
もちろん必要な水分量よりも多くとってもむくみの原因となったり、少なすぎても血行の流れが悪くなったりなど水分量は適正でなければいけません。多く飲めばいいというものではないのです。

基本的には1日1.5リットルの水を毎日飲むといいと言われています。

まとめ

ダイエットの基本である代謝について詳しく説明してきました。
基礎代謝は年々下がっていきますが、日々の生活習慣で上げることができます。基礎代謝が上がれば、ダイエットもより効果的になるため、是非基礎代謝は上げていきましょう。
私も肥満治療薬のゼニカルを脂の多い食事の時は飲んでいますが、やはり基礎代謝もあげるようにしています。
基礎代謝を上げ、ゼニカルで食事を気にしないダイエットが私的には一番合っているようです。

MENU

飲むだけで痩せれる!! なんてうたい文句今までたくさん広告やCMで見てきたり、聞いてきましたよね。

私は今まで色々ダイエットをしてきたのですが、色々やってきた結果ダイエット薬のゼニカルに落ち着くことができました!!ゼニカルは本当にすごくて飲んだだけで痩せるんですよ!?

太っているからダイエットしたいという人もいれば、今よりも健康や、綺麗になりたいからダイエットしているなど、ダイエットの理由は人ぞれぞれだと私は思うんです!!

こんにちは!!当サイト管理人の永遠のダイエッター【もこ】です!! 私は長年ありとあらゆるダイエットに挑戦してきましたが、持ち前の飽き性の発揮によりことごとく持続することができませんでした。

こんにちは!!当サイトの管理人、飽き性ダイエッターこと【もこ】です。 年を取るにつれ、昔と同じ運動量や食事量では痩せないことを私はかなり実感していました。

こんにちは!!永遠のダイエット女子こと、このサイトの管理人【もこ】です♪♪ 私は20代半ばから同じ食生活、同じ運動量を続けていたのにどんどんブクブク太っていき、このままじゃだめだと思って色々ダイエットを試してきました。

TOP